FC2ブログ
10/1 抗がん剤 4週目
メソトレキセート 投与です。

先ず、血液検査・レントゲン
レントゲンは前回と変わらず、リンパ腫の腫れは引いたまま。
ほぼ、寛解状態。
血液検査も問題はなく、今回も抗がん剤投与となりました。

血液検査も問題はないですが、、、前回よりは悪くなってる数値も
あるので次回はもっと注意して、疑問は先生に聞いてみようと思う。

帰ってすぐのご飯は殆ど食べず。
とりあえず、寝る。って感じ。
けれど、夜遅く“お腹すいたー!にゃー!”と催促(*^-^*)
良かった。良かった。
またその後はまん丸で寝る。
KIMG6295.jpg
今のところ食欲減退・嘔吐・下痢などの副作用はありません。
ただ、やはり一度ではたくさん食べないので回数増は継続中。

副作用で気になるのは、少し元気が無くなること。しんどそうなこと。
呼吸などは元に戻ってるんだけど抗がん剤の影響かな。。
抗がん剤投与日含めて三日間は、殆ど遊びもしない。。
金曜日辺りから元気になってくれるのでまだ少しは安心なんですが。。

今後、抗がん剤治療を重ねていくとどうなるのか。。
気になるところです。

外遊びは今のところ一切していないので
ニャンズ対策に網を張ったベランダが唯一の外遊び。
KIMG6007.jpg
サンも今はここだけ。

ちゃんと治ってみんなでおでかけしようね~(^^♪







9/24 抗がん剤 3週目 ピンクリスチン投与です

ピンクリスチンは1回目にした抗がん剤と同じです。
こうやって数種類の抗がん剤を組み合わせて投与していきます

先ずは血液検査とレントゲンです
待合室にて、他の患者さんの出入りで診察室が見えた瞬間
←左側が診察室。
少しでも離れたいのかキャリーケースの右端に目いっぱい寄りました(^^ゞ
KIMG6266.jpg
血液検査は問題なし
レントゲンはほぼ前回と同じ
KIMG6271.jpg
上からの映像では若干前回よりも上の方まで白いもやが消えていて
KIMG6272.jpg
きれいな状態維持できていました。
正常な胸と変わらないでしょうとの事。

とにかく良かった。
いっちゃん、今日も半日頑張れ!

夕方お迎えに行くと、今回は前回ほど暴れん坊ではなかったらしい(*^-^*)
帰ると、父ちゃんがいちにと高級猫缶を買っていた!(^^)!
KIMG6264.jpg
しか~~~~し!(^^ゞ

いっちゃん一口も食べず、クンクンした後プイっとそっぽ。。。
おまけにサンもプイっとそっぽ。。。
父ちゃん、、ガーーーン(T_T)

なので残りの缶詰は父ちゃんが食べ、いっちゃんは別の、テッパン好物の猫缶にすると
お皿は舐めたように完食!!
それ見て父ちゃんやっぱりガーーーーン(^^ゞ

二週目以降も、嘔吐や下痢などの副作用はありませんが
二週目以降、毎日のステロイド服用がなくな、りそれと共にあれだけあった
いちの食欲が元に戻りました。

しかし、三回目ビンクリスチン投与後、、
食欲は変わらずあるけれど、一回で食べる量が減ってるようなので
ご飯の回数を一回増やし、一日のご飯の量は減らないように気を付けて。

抗がん剤の回数を重ねていくと、少しずつ副作用も出てくるのかなぁ。。

病院から帰った日は毎回ずっと眠そうです
KIMG6273.jpg
体もしんどいのと気疲れと、きっと両方やねぇ。。
いっちゃんお疲れ様。




9月17日、抗がん剤2週目
抗がん剤シクロフォスファミド投与です

いちを病院へ連れて行こうと準備していて、キャリーケースの蓋を
先に開けておこうとパカッと開けた時、その音が違う部屋からも聞こえたようで
いちがびくっと、逃げていくのが見えました。
それでもしょうがないので捕まえて病院へ行くと、待合室で待ってる間
いちはずっとケースの中で大人しくしていましたが
ケースの中で丸くなって小刻みにブルブル震えていました。。

蓋を開け撫でながら、いっちゃん怖いよね。。。
これから毎週の病院通い。。。
憎いリンパ腫。早くやっつけてしまおう。

先ず一回目の効果確認と、今回抗がん剤を行ってもいいかどうか
血液検査とレントゲン
血液検査は特には異常なし
レントゲンは
KIMG6254.jpg
右が9月3日(最初に撮ったもの)、左が今日(抗がん剤投与後)
白い影が随分薄くなっています。
横からの画像では、腫瘍で上に押し上げられていた器官も腫瘍の腫れが小さくなり
下がっていることが確認できました。
呼吸も最初に比べずいぶん楽になっているでしょうと。

あぁ良かった。。
抗がん剤が効いているようで安心できました。
確かに、さんとの追いかけっこも毎日ではないけれど復活したしね~♪

副作用の影響もほとんどなく過ごした一週間。
ただ、ステロイドの影響だと思うけれど一週間飲んでる間
有り余る食欲!!。
先生も、いつ食べられなくなるか分からないので食べたいだけあげて下さいと。
私達もそう思うんですが、ほんとにいっちゃん丸くなる一方(*^-^*)
今の間に十分体力つけておこう(^^♪

今回から入院ではなく日帰り。
夕方お迎えに行くと先生から。。。

いちちゃん。。元気になって
治療中、シャーシャー言うし手が出るし引っ掻かれてしまって。。
なので、スミマセン爪を切らせてもらいましたと先生から苦笑い(^^ゞ

いっちゃん!あんなに震えてたのに、小さくなってるのかと思いきや
さすが我が家のボス猫、偉そマン!いち!(^^ゞ

先生に謝りながらも、元気になってるんだとちょっと嬉しくもありました(*^-^*)
帰ってきたいっちゃんはもう片方の前足も剃られてた(^^ゞ
可哀そうに。。
KIMG6259.jpg
帰ったら、抗がん剤を出すために水分たくさん取らせておしっこをさせて下さいとのこと。
それと、副作用としては膀胱炎になりやすいので気を付けて下さいとのこと。

いちが、手から水を飲んでくれるので助かった。
普段から猫は水をあまり飲まないし、ぴぴのようになにか混ぜたら飲んでくれると
いうこともないし、サンだったら一苦労だったかなぁ。。

ただ、今日は病院で点滴もしていたのでさほど飲ませなくても
帰ってすぐ2回排尿し、その後23時までに2回
深夜1回、明け方2回。
たくさん出て良かった。

このまま、副作用も少なく、癌が小さくなってくれれば
本当に祈るしかない。
いち。頑張ろう。
KIMG6262.jpg
お疲れ様。

9/10から一泊入院し、いちの抗がん剤治療がはじまりました。

預けている間、不安でしたが今日病院から、元気ですよと連絡をもらい
少し安心し、迎えに行くといつもと同じ様子のいちを見てさらに安心できました。

それと、すっごい怒っていて、私達の顔見ても近寄らなかったらどうしようという不安も
ありましたが(^^ゞ いっちゃ~んと声かけながらキャリーケースの隙間に
手を入れるとスリスリと頭引っ付けてきたので怒ってないんだとこちらも安心(^^ゞ

リンパ腫に対する抗がん剤治療は、組み合わせ使用量、順番がマニュアル化されていて
これをプロトコールと呼び、その通りに実施していくわけですが
その時の、情報や状況で変更することもあるようです

【導入期】
Week1では
ピンクリスチン
デキサメサゾン(ステロイド)
でした。
L-アスパラキナーゼは使用しませんでした。
家に戻ってからはまた一週間、一日一錠プレドニン(ステロイド)服用です。

抗がん剤投薬後
血液検査は問題無し
レントゲンはステロイドが効いているのか先週と比べ
少しだけ白いものが減ったかな!?という感じでした
KIMG6238.jpg

KIMG6239.jpg
抗がん剤の効果は一週間後。
どうか効いてくれと祈るような気持ちです。

帰ってきたいっちゃんは、点滴用に足の毛も剃られていました
KIMG6253.jpg
預けた日のいちは、元気がなかったそうですが、翌日からは元気になり
ここから出せーと鳴いたり、点滴の管を噛みちぎったりしたそうで
先生が、体も丸々しているし、毛艶もいいし、元気だし
がん患者とは思えない。と言っていましたが私達もそう思います。

しかし、元気そうに見えてたいちですが、やはり疲れたんでしょう
すぐに爆睡し、時々起きてきても眠そうな顔してまたすぐ眠っています。
二週目からは日帰りだから、いっちゃんまた、頑張ろう!

そして、いちの入院中、一番元気がなかったのはさんかもしれない(^^ゞ

普段、夜私達が帰った時、さんが出迎えてくれることは殆どないのですが
いちが入院した日は、私が帰ると鳴きながらやってきました。
いちも帰ってきたと思ったのかな??
その夜はあんまり遊ぼうともしないし、普段そんなにないのにやたら甘えてみたり
ご飯もだいぶ残すし。。。とにかく挙動不審。

さん!いっちゃん帰ってきてくれて本当に良かったね♪
KIMG6244.jpg
今夜からいつものさんに戻りました(^^♪
KIMG6246.jpg
週一ペースで副作用もだけど
気分が滅入らなきゃいいけど。。。

いちの病理検査結果がでました。

低分化型(悪性度が高い)で縦隔型(胸の中)です。

リンパ腫とは体の中のリンパ球が腫瘍(がん)になったもので
高齢の猫で発生することが多いようですが若年でも発生し
その場合は80%が、猫白血病ウイルスに感染しているらしいです。

いちの場合、保護した時にもこの検査はしていて、白血病もエイズも陰性でした。
今回も先ずこれを疑い、もう一度検査しましたがやはり陰性でした。
なので先生も。。おかしいなぁ。。と。。

無治療の場合、余命1~2ケ月
治療する場合
治療法は、縦隔型リンパ種では外科的治療・放射線治療
はなく、ほとんどの場合が化学療法。抗がん剤です。
抗がん剤を、副作用の様子も見ながら定期的に投与し
寛解(かんかい)を目指します。
完治ではなく寛解。限りなく小さくなることを目指します。

リンパ腫は抗がん剤の反応は良いらしいですが
平均余命は半年とか、よくて一年。
寛解してもほとんどの場合は再発をすると
先生からも言われたし、調べても書かれていますが

どちらを選択するか
立ち向かう方を選びました。

もしかしたら、いちには抗がん剤が効かないかもしれない
辛い思いばかりさせるかもしれない
けれど、その逆もあるわけで

いちには、かなりの負担をかけることになると思いますが
みんなで、とにかく試しに頑張ってみようと思います。

と、いう事でプロトコール1回目。
今日からいっちゃん一日入院で抗がん剤開始しました。

この間の週末。
抗がん剤が始まったら外へも当分出られないかもしれないので
今日は家の周りで少し遊ぼう。
KIMG6162.jpg
どっこいしょ(*^-^*)
KIMG6172.jpg

KIMG6173.jpg
どうかどうか。
KIMG6191.jpg
よくなりますように。