FC2ブログ
いちの病理検査結果がでました。

低分化型(悪性度が高い)で縦隔型(胸の中)です。

リンパ腫とは体の中のリンパ球が腫瘍(がん)になったもので
高齢の猫で発生することが多いようですが若年でも発生し
その場合は80%が、猫白血病ウイルスに感染しているらしいです。

いちの場合、保護した時にもこの検査はしていて、白血病もエイズも陰性でした。
今回も先ずこれを疑い、もう一度検査しましたがやはり陰性でした。
なので先生も。。おかしいなぁ。。と。。

無治療の場合、余命1~2ケ月
治療する場合
治療法は、縦隔型リンパ種では外科的治療・放射線治療
はなく、ほとんどの場合が化学療法。抗がん剤です。
抗がん剤を、副作用の様子も見ながら定期的に投与し
寛解(かんかい)を目指します。
完治ではなく寛解。限りなく小さくなることを目指します。

リンパ腫は抗がん剤の反応は良いらしいですが
平均余命は半年とか、よくて一年。
寛解してもほとんどの場合は再発をすると
先生からも言われたし、調べても書かれていますが

どちらを選択するか
立ち向かう方を選びました。

もしかしたら、いちには抗がん剤が効かないかもしれない
辛い思いばかりさせるかもしれない
けれど、その逆もあるわけで

いちには、かなりの負担をかけることになると思いますが
みんなで、とにかく試しに頑張ってみようと思います。

と、いう事でプロトコール1回目。
今日からいっちゃん一日入院で抗がん剤開始しました。

この間の週末。
抗がん剤が始まったら外へも当分出られないかもしれないので
今日は家の周りで少し遊ぼう。
KIMG6162.jpg
どっこいしょ(*^-^*)
KIMG6172.jpg

KIMG6173.jpg
どうかどうか。
KIMG6191.jpg
よくなりますように。





Secret

TrackBackURL
→http://pipi0408.blog112.fc2.com/tb.php/698-edf094a5