2015.11.08 前庭疾患
5日の夕方、散歩から帰ってぴぴの様子がちょっとおかしい。。
何度も外へ出ようとする。

いつもの膀胱炎だろうと思い抗生剤を飲ませてしばらく様子見。
けれど、膀胱炎にしては外へ出てもおしっこは出ないし、吐く事もなく下痢もない、食欲はある。
とにかく外へ出ようとするだけ。
なんかいつもとちょっと違うかなぁと思いつつも段々落ち着いてきたので
その日はお花のイベントの件でみんなと準備をする事になっていたから気になりながらも
家を出ました。

2時間後帰ると、待ってましたとぴぴが外へ出て行こうとする
膀胱炎ならもうとっくに治ってるはず。
ええーっ!?と思いながら一緒に出るとぴぴがかなりふらついてる。
フラフラしながらそれでも歩こうとしたり、車に乗ろうとしたり。。。
パニック状態になってると思い、なんとか落ち着かせようとしたけどダメで
間の悪い事に、父ちゃんも出張で留守で

足腰フラフラになってるぴぴ見て、まさか前の病気のぶり返し?などと私もだんだん怖くなってきて
どうしようと思いながらも、夜中にもかかわらず連絡すると先生が診てくれました。
診断は、前庭疾患。

高齢になると突然発症する事が多いようです。

あー。でも、前の病気とは関係なくとりあえずはほっとしました。
何より夜中でも快く診てくれた先生に本当に感謝でした。

家に帰ってからは、ぴぴも病院へ行って安心したのか?疲れたのか?
もうパニクる事もなく、朝までぐっすり眠りました。
翌日から、ひめちゃんママの腰ベルト復活!
201511064.jpg
ただぴぴの場合症状は軽く、熱もなくて食欲もあり、血液検査の炎症数値も正常値で
ふらつきも1週間後には随分なくなりました。
しばらくは、つまらないかもしれないけど安静にしておこうね、ぴぴ。

しかし、、
ちょっとおかしいかな?と思いながらもいつもの膀胱炎と決め付けて
心細いのに留守番をさせてしまった事がぴぴに申し訳なくて
とにかく反省です。









Secret

TrackBackURL
→http://pipi0408.blog112.fc2.com/tb.php/577-520f7505