先週、義父が亡くなりました。

驚くほどのスピードで具合が悪くなり、緊急で入院し3日後には一時危篤になったけど持ち直しましたが
入院生活20日程でお別れになりました。
苦しそうな表情を見ていると、もう治る事はないのなら楽になって欲しいという思いと
こんなに苦しくても頑張ってるんだから、いっそしゃべれるようになるくらい回復してやれ!奇跡を起こせ!という思いと
両方ありましたが、いなくなってしまうとやっと楽になれたねとも、あーもうちょっと頑張れんかったかなぁとも
やはり、両方。とにかく寂しい。やっぱり寂しい。

義父と私は、舅と嫁なんですが、ウチの工場を義父が起こしそれを父ちゃんが継いでいるので
結婚してから3年ほど前までずっと一緒に仕事をしていました。
小さな工場なので家族経営のようなもので散々苦労も共にしました。
でも、よく釣りにも一緒に行きました。ご飯も一緒によく食べました。たくさん一緒に笑いました。
舅と嫁という立場ですが、なんか生意気ですが同志のような感覚もありました。

とても優しい義父でしたが、特に仕事となると時には暴走してしまうこともあり
それが今ではかなり笑える笑い話ですが(*^m^*)
ぴぴにも優しく、毎日のように散歩で寄ると、pipi来たか~ばあちゃんになんか貰えよ~と決まり文句でした。

お義父さん。一緒に過ごせて本当に楽しかったです。お義父さんがお義父さんで本当によかったです。
ありがとうございました。

と、金曜日に葬儀が終わって土曜日。
来週はサーフィン行こうと思ってたんですが、たまたまサーフィン連絡にLINEもらって
ふと、、することないんだったら今日から行っちゃう!?となり
それでも流石に不謹慎かもと思い家族に相談したところ、二つ返事で行っといで!と。
おそらく義父に聞いても、行って来い!行って来い!だろうと(笑)

ということで急遽、土曜夜から出発
1611201.jpg
久々で身体が重くて硬くて(^^ゞ
1611202.jpg
けれど、海に浮かんだ瞬間体も心も気持ちよかった。

ぴぴも元気に遊びました。
1611203.jpg

ここはぴぴも好きやね~♪
1611204.jpg

お義父さん、寂しいけどみんな元気やからね!

小さく、おぉっ。と。 分かったぁ。と聞こえてきそうです。



連休の旅行から帰ってから、急に義父の具合が悪くなりました。
足腰は弱くなっていて殆ど寝て過ごす日々でしたが
家の中では自分で歩いて、多少の介助はいるもののなんでもこなしていました。

しかし、3週間ほど前から急に食べなくなり、転ぶようになり、痴呆のような症状がでてきたり。。
驚くほど急に具合が悪くなり病院を予約したけれどそれまで待てなくて、救急で病院へ行くと即入院。
入院して数日後、一時様態が悪化しましたが何とか持ち堪えました。
けれど、入院当初ははっきりしていた意識も朦朧とする時もありで現在は小康状態です。

という訳で、10月中頃からはかなりバタバタとした生活でした。

ぴぴも旅行から帰った一週間後膀胱炎になったので、旅の疲れが今頃出たかなぁと思い
抗生剤を飲んで一週間。
治ったなぁと思ったところで、またまた膀胱炎(^^ゞ
今回は、あぁ~。。。きっとストレスかなぁ~。。。と。

バタバタした生活の中、留守番も多かったからなぁ。
膀胱炎はストレスでもなるそうで、年とってから留守番嫌いになってるからなぁ~

という事で、文化の日はぴぴ孝行。
泳がなければ砂浜散歩でもしようと海へ行ったら
大喜び♪
1611031.jpg
で海へまっしぐら!
1611032.jpg
さんざんカミカミしてたら
1611033.jpg
途中でうつら、うつら、、
1611034.jpg
なったところで終了~(*^m^*)

ぴぴちゃんストレス発散、少しはできたかな!?