2013.02.28 避妊手術後2
まだ水遊びや激しい運動は出来ないけど、ちょっと気晴らしにはオデカケしたいと思ったものの
なかなか水場のない遊び場所が思いつかない
なんせ、今まで水辺じゃないとダメだったから。。。

そして、父ちゃんが思いついた場所へ行って見た。
ずっと以前に来たことがある場所は記憶も薄れていて、海から少し離れた所の公園だったと
言ってたけれど。。。。
めっちゃ海目の前やし。。!ハンパない風が吹いてるけど人結構おるし。。
1302231.jpg
海見てトーゼン!遊ぶつもりのぴぴを解放す事は出来ず、人がいる公園でも然り。。
かえってストレスになったかも。。。
海が気になるね~
1302232.jpg

翌日は、抜糸をしてもらいに病院へ行った後、絶対泳げない場所へ行きました
1302233.jpg
早く水辺で木をガジガジしたいね~
1302234.jpg
大きな木を見つけても、やっぱり水とセットなようで全く盛り上がらない。。
この日病院で、来週末は泳いでもいいでしょうという事だったんですが。。

2~3日後から、傷口から血と膿が混ざったようなものが滲み出てきていたので病院へ行ったら
おっぱいの張りはなくなってきてお乳も大分出なくなったけど、完全に止まったわけではなくて
その乳汁が縫ったところから膿のように染み出ているらしく、化膿して酷くなった場合は
また麻酔して、皮一枚下の縫合した溶ける糸を切らないといけないらしい。。

ただ、今のところ化膿していないので抗生剤でしばらく様子を見て
症状が治まらなければホルモン剤の薬をプラスしましょうという事になりました。

この事意外は、全く元気なぴぴなんですけどね~~
まだ今週も水遊びは禁止。。
ストレスたまんなきゃいいけどな。。

2013.02.20 避妊手術後
病院から帰ってきて少しご飯を食べれるようになったから少量食べさせたけれど
夜中の二時半頃に全部吐きました。

自分のベッドでとにかく寝る。
1302201.jpg

翌16日には食欲も復活!
そして、朝からいつものように私達の布団へやってきたんですが、ご飯の時以外ずーーーっと布団から
離れない。
疲れてるし、しんどいし、まだ傷みもあるだろうから布団にずっといるのは分かるんだけど
ぬいぐるみを全部布団に持っていって、抱え込んで片時も離さず鼻でクンクン、キュンキュンとなく。。
17日の夜お腹を見たら、やたらにおっぱいが張って母乳が出ていてびっくり!?
1302202.jpg

18日に気になるので病院へ
すっかり病院嫌いになってるだろうと思いきや、病院へずんずん入っていくから大丈夫なんだぁ~
と思ったら。。。待合室でぶるぶるぶるぶぶる。。。。と震えっぱなし。。
1302203.jpg
診察の結果
ぴぴは以前から発情期じゃなくても発情している状態だった為、避妊手術後も脳がそのまま指令を
出し続けているらしく、子宮や卵巣がなくなったことにより過剰に反応しているのかもという事で
乳腺をエコー検査してもらいましたが特にに異常はありませんでした。

しかし、この状態が長く続けば乳腺炎の可能性も出てくるから対処が必要になるのだけれど
ホルモン注射は身体への負担が大きいから今すぐではなく、もう少し様子を見ましょうと
いう事になりました
そして、ぬいぐるみは取り上げて下さいと。

その日の晩からぴぴのいない間にこっそりぬいぐるみを隠したら、戻ってきてはあちこち探し出して。。
背の高いCDケースの上に隠したんだけど匂いで探し当て、その場所と私達の顔を交互に見て
取ってよ~と訴える隠し場所失敗かわいそうだけど知らん顔。
翌日、もっと分からない場所へ隠しなおしました。

19日には大分元気も取り戻し、20日はすっかり食欲は完璧!まだすぐ布団へ行こうとするけれど
少し家の中で遊んだりもして随分元気になりました。

迎えに行った時、ぴぴちゃんの首に合うのがなくて。。。と
4Lサイズのエリカラを二つつなげたのを着けられて家まで帰ってきたんですが、もうそれがたまらなく
イヤだったようで、帰ってからは外してたんだけど
それ使って、ちょこっと遊んだりして(*^m^*)
1302204.jpg

まだおっぱいは腫れてるけど。。 たま~にまだPちゃんを探すけれど。。
とりあえず、抜糸の日までは様子見です。

しかし、今日ぴぴが家で遊んだ時、元気になってくれたことはモチロンなんだけど
遊んでくれた事が嬉しくて♪

なんか、な~~んか、、、手術してからぴぴの様子が変わった様な気がしてて。。。。。
週末、かる~~く気晴らし程度でいいからオデカケでもしたらいいかもなぁ~~♪
とりあえず、一先ず、ぴぴが無事手術を終えて家に帰ってきました。
たくさんご心配頂、本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m

でも。。。迎えにいったんですがなんというか、感動の再会というよりも。。。
あっ、もちろん喜んではいたんですが
怒ってる!?って感じもアリアリで。。。

とりあえず帰ってから、まだ麻酔の名残や鎮静剤も効いてたりでベッドに直行してぐったり
1302151.jpg
ぴぴ~。よく頑張ったね(^-^ )本当にお疲れ様(^-^ )
突然病院に連れて行かれて、手術されてびっくりやし、痛いし。。
ごめんよ。ぴぴ。
怒りたくもなるね。

ご飯をあげてもいいですという時間になったので、晩御飯をあげようとしたけど
いらない。とぴぴが受け付けず、その後さらに2時間経った頃お肉に反応しだしたので
立ち上がれないので、鼻先に持っていって
1302152.jpg
パクっ
1302153.jpg
ああー良かった♪食べれるようになって♪
その後もう少しご飯を食べてくれて安心できました。

それからはまたずっと
ドッグベットでごんごん眠る
1302154.jpg
病院で、ぴぴが切除した物を見せていただいたんですが
子宮及び卵巣もきれいに切除されていて、片方の子宮に幾つもの水泡がくっついてできていて
子宮自体にも少し水がたまっていました。

今は大した症状は出ていないけれど、今後この水分から蓄膿症になる可能性も充分考えられるから
やはり、この手術は間違いないですとキッパリ先生から言われ、私達もこれで良かったと改めて思いました。
先生にも感謝。
けれど、何より一番頑張ったぴぴに

いっぱい頑張ってくれて、本当にありがとう。
父ちゃん、母ちゃんの自慢の娘だよ~~!
この連休はキャンプ!と決めていて、暖かい日が続いていたけど週末寒波到来だったから
雪にしようか?海にしようか?と悩んだけど、海に決定~♪

金曜夜から出発して翌朝、誰もいない浜辺を大喜びで、飛び回りながら駆けていく
そして、振り返る

まだ、来んの!?
1302091.jpg
ちょっと、待ってー!と言いながら近づくと
うひゃひゃ~~♪♪と
尻尾、ブンブン!弾けながら!川を渡っていく
1302092.jpg
泳ぐ姿も尻尾がピーーン
1302093.jpg
そして、いつものようにきゃっきゃと遊ぶ
1302094.jpg
こちらもいつもと同じ
1302095.jpg
土曜日はちょっと長めに遊んだから、日曜日はもうあまり遊べなくなってるかなぁ!?と思いきや
日曜日は私達だけじゃなく、他の方達にもいっぱい撫でてもらったり可愛がられたから
やる気が出たのかいつもに増して元気一杯で遊んでました(*^m^*)
これから、ちょっとの間海にも行けなくなるから目一杯遊べて良かったよ

今週金曜日、15日にぴぴの避妊手術をすることにしました。
心配は尽きないけれど、今ぴぴが元気だから。
ぴぴに頑張れ!先生にどうかお願いしますと願うしかありません。

ただ、手術が決まって以来毎日ぴぴに、必ず麻酔から戻ってくるよう
「手術成功して無事目覚めて元気になったらねぇ、美味しい物が待ってるよ~~
目玉焼き乗せハンバーグ!?それとも和牛のレアステーキ!?それとも・・・・(*^m^*)」
などなどと、暗示をかけています。
ぴぴの年に一度の健康診断をしました。
今回はいつもと違う病院で行い、そこはお預けするので長時間預けらて帰ってきたぴぴは
家に着くとさっさと車から降りて家に入っていきました。
普段は充分遊んで帰った後とかじゃないとさっさと下りないくせに
一人ぽっちで知らない場所で診察されて、心細さと気疲れもありかなり疲れたようで

家ですこし遊んだ後は爆睡
お疲れさん。
1302031.jpg

結果は
血液検査も問題なし レントゲンも若干年齢のせいで背骨が伸びてる箇所があるけれど問題なし
エコーでも内蔵は問題なし

ただ一つだけ。
気になるところがあると言われたのが、卵巣のう腫
卵巣の周りに少し水がたまっているらしく、良性か悪性か病理検査でないと分からないようで
ぴぴは避妊していないので今後、子宮蓄膿症の可能性があるとの事。

ただ、今すぐどうのという現状でもなく緊急を要するわけでもない。
避妊を勧めるところだけど、年齢を思えば躊躇もするでしょうと

9歳と9ケ月。
今まで散々考えて避妊手術に至らなかったけれど
遅くなればなるほど全身麻酔のリスクがあり、尚更病気になってしまうともっと高くなる。
もう若くはないけれど、元気もあって健康診断も問題なかった今のうちに
このコの元気な今のうちに手術をしてみようと二人で決断しました。
あと一つ、心臓の収縮率がちょっと低かったという事に麻酔への不安はあるんだけれど。。
でも、やってみようと思います。
ぴぴに頑張ってもらおうと思います。

で、今日日曜日は
先週雪の中遊びに行ってリードを落として帰ってしまったので探しに

雪がすっかり融けて、無事見つかりました
1302032.jpg
良かった良かった♪
先週は真っ白だった山も
1302033.jpg

まだまだ、何回も何十回も何年も一緒に行こうね!